仕事探しは求人の情報が鍵【貿易事務の仕事】

やりがいある仕事

事務員

必要なのは知識や語学力

貿易事務は、専門性が高く語学力も活かせるとして人気の高い仕事です。ただし、貿易事務とひとことで言っても、商社やメーカー、フォワーダーなどその活躍の場は幅広く、職場によって行う仕事の内容は微妙に異なります。また、輸入を担当するのか、輸出を担当するのかによっても変わってきます。基本的な仕事内容は、輸出入に関する書類の作成や手続きです。これらの仕事に不備があれば、輸出入の関係者全体に迷惑をかけてしまいますので、その責任は重大です。貿易事務は、一般事務職のようなサポート的な立ち位置にはいないといえるでしょう。貿易事務では、取引先とのやり取りは書類やEメール、Faxが中心となります。そして、輸出入に関する書類のほとんどは英文です。そのため、早く正確に英語を読解でき、また書類を作成できるだけの英語力が必要です。もちろん電話対応もありますので、基本的な英会話力も必要になります。また、貿易に関する専門知識も求められます。そのほかに必要なスキルとしては、自社内の輸出入に関係する関係部署との折衝や相手方との交渉をする機会もありますので、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力が挙げられます。貿易事務の求人に応募する際は、こういったスキルが自分にあるか、今一度考えてみるといいでしょう。中途採用の求人の場合、資格よりも経験が重視されます。しかし、未経験から貿易事務の求人に挑戦したいという人もいるでしょう。貿易実務検定などの資格をとり、業務にかける熱意をアピールするのは1つの手です。また、事務職経験や高い語学力もアピール材料になります。貿易事務の求人は、都市部に集中していて地方ではあまりないのが実情です。求人が出た時にすぐ対応できるように、早めに資格をとったり語学を磨いたりと努力しておくことが大切です。